日本サーフキャスティング連盟・東海協会公式ブログ

日本サーフキャスティング連盟・東海協会の公式ブログです。                                                        連盟や協会の活動を中心にその他投げ釣りに関係する情報の告知を行っていきます。

連盟行事

新型コロナウイルス感染症に関連しての緊急連絡

令和2年度の連盟行事は、全日程について中止します。

 

この度、コロナ感染症に関する日本政府が打ち出した不要不急の外出制限や、集団での行動を禁止する措置等の方針に則り、連盟正副執行部での協議の結果、

令和2年度における

全日程について中止する

事になりましたのでご報告いたします。

 

世界的にニュースで報じられているとおり、収束感が見えない事や、いまだに感染経路が不透明な事に加え、特効薬がいまだ発明されない等の事案を鑑みての決断であります。

なお、この件に伴い、今年度の連盟会費は徴収致しません。すでに納付された団体・個人に付きましては返納せずに(申し出が有れば返金可)、次年度(令和3年度)へ繰り越す事といたします。

執行部においても苦渋の決断であり、各協会員の皆さまには納得出来ない事も有るとは思いますが、自身の安全を第一に考えて頂き、また来年の予選会が安心安全な環境での開催になっている事を祈りつつ、また皆さまの元気なお姿を見せて頂きますようお願い申し上げ、ご理解ご協力を頂きますようよろしくお願いいたします。

 

連盟本部より緊急連絡がありました。
昨今の情勢を鑑みて、東海協会においても令和2年度における行事を中止いたします。
協会費等の対応も連盟に準じて対応をいたします。
ご理解、ご協力をいただきますようよろしくお願いします。

東海協会長 林賢治

2020年 新春初釣り大会のご案内

19123001

第23回NSCF杯投げ釣り選手権東海地区予選大会 結果

3度の延期と連日の猛暑の影響から、参加者の集まりに不安がありましたが、他協会、一般の参加者も加わり32名のキャスターが福田海岸に集まりました。
当日は風もなく海も穏やかで最高の投げ釣り日和。好釣果が期待されましたが、水温が高すぎるせいかシロギスの食いは今一つ。しかしそんな状況下でも3分の2以上方に釣果がありました。
大会結果は以下のとおり。
●上位入賞者
優勝 遠藤敏幸 196g 5匹 
2位 真間良二 190g 6匹 
3位 吉川圭介 161g 5匹 
4位 大井川守 145g 3匹
5位 林 賢治 143g 5匹 
6位 桜井良紀 125g 4匹
7位 村山 洋 105g 3匹
8位 石渡 元 101g 3匹
9位 鬼沢安二 94g 2匹
10位 高橋克則 86g 3匹

●他協会および一般の代表権獲得者
遠藤敏幸/真間良二/吉川圭介

●東海協会の代表権獲得者
林賢治/安部川紀彦

代表権獲得者の方におかれましては11月9日、10日に開催されます「第23回NSCF杯投げ釣り選手権」へ東海地区代表として、ご活躍を期待しております。
IMG00471
1564900780677

第23回 NSCF杯投げ釣り選手権 東海地区予選大会は予定どおり行います。

明日(8月4日)開催予定の「第23回 NSCF杯投げ釣り選手権 東海地区予選大会」は予定どおり行います。

集合場所=福田海岸
受付開始=午前4時より
競技時間=5~9時

お気を付けてお越しください。

※明日は気温も高くなる模様です。十分な熱中症、日焼け止め対策を心掛けてください。

日本サーフキャス手キング連盟・東海協会では一緒に協会を盛り上げてくれる投げ釣り愛好家(会員)を募集しております。個人、クラブでの入会も可能ですで、投げ釣り(シロギスの数釣り、トーナメントなど)に興味のある方、ご連絡お待ちしております。
なお、当日ご入会もできますので、気軽にお声をお掛けください。

お問い合わせ
事務局=090-1757-7260(徳光)
協会長=090-4825-7476(林)

第22回 NSCF杯投げ釣り選手権 東海地区予選 大会結果

本日(2018.05.20)、第22回 NSCF杯投げ釣り選手権 東海地区予選大会が静岡県掛川市の福田海岸で開催されました。

順位&代表選手は以下のとおりです。

大会順位
優勝=安部川紀彦 140g 6匹
準優勝=榊原 章 137g 5匹
3位=鬼沢安二 85g  2匹
4位=石渡 元 58g 2匹
5位=香川勇治 57g 2匹

東海地区代表
安部川紀彦(東海協会1位)
榊原章(東海協会2位)
鬼沢安二(他地区1位・茨城協会)
石渡 元(他地区2位・神奈川協会)
香川勇治(他地区3位・宮城協会)